*

WWEが出資するインディープロレス団体専門の動画配信サービスがスタート

   

現在コメント数: 0件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

WWEが出資するインディープロレス団体専門の動画配信サービスがスタート

floslam

ソース:http://www.floslam.tv/

先日数十億円の資金調達に成功したFloSportsという米国企業が、インディープロレス専門のインターネット動画配信サービス「FloSlam」のサービスを開始した。

同社の発表によると、飯伏幸太やウィル・オスプレイも参戦経験がある米国EVOLVEを運営するWWNLive社と契約を結び、EVOLVEの配信を開始している。

EVOLVEはWWEクルーザー級クラシックの予選を行いWWEと提携していると見られ、NXTのGMのウィリアム・リーガルも大会へ再度来場する予定だ。

またWWNLiveはDragonGate USAの運営会社でもあることから、その映像の配信もあるかもしれない。

米国メディアはEVOLVEの他にもROHやPWG、CHIKARA、CZWといった米国インディー団体の参加の噂を報じている。

今のところ月額20ドルというちょっとお高めの料金設定。

そして一番の注目は、同社はあのWWEの資本を受け入れている点である。

同社の公式発表でWWEの資本提携を認めており、WWEと関係しているサービスとなる。

偶然にしては出来過ぎているが、WWEは先日ファンへのアンケートで「今後ROHやPWG、CHIKARA、CZWといった米国インディー団体の映像をWWEネットワークで見たいか?」という趣旨の質問を行っている。

FLOSLAMがWWEネットワークと今後繋がっていくといった話は完全に未知数ではあるが、何らか今後の展開を加味した動きであるのは間違いなさそうだ。

↓この記事が面白ければクリック
SPONSORED LINK


Powered by amaprop.net

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK


関連記事はこちら