*

ウィル・オスプレイがWWE、EVOLVEとの契約を否定!『自分がサインしたのは新日本プロレスの契約書だけ。』

   

現在コメント数: 5 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

ウィル・オスプレイがWWE、EVOLVEとの契約を否定!『自分がサインしたのは新日本プロレスの契約書だけ。』

willospreay

今年の新日本プロレスでのベスト・オフ・ザ・スーパー・ジュニアの優勝者であるウィル・オスプレイが「The Tag Rope」のインタビューに答えた。

以下ハイライト。

————————

オスプレイ『自分は新日本プロレス以外どの契約書にもサインしていない。今の契約は、他の契約書、同意書については全て新日本プロレス側へ引き渡す事になっている。

一つ押さえておかなければならないのは、自分がどこに行こうとそれは自分の決断だという事だ。しかし合わせて皆が理解しなければならないのは、新日本プロレスはROHと密接な関係にある。よって自分が米国の団体と契約するとすれば、それはROHになる可能性が高い。

究極的には自分がどうしたいかは自分が決める。これはとても自己中心的な事を言うが、私は自分自身の事を考えなければならない。自分の友達の事ばかりを考えてはいられないんだ。なので自分の故郷であるイングランドにそこまで多くの時間いることは出来ない。なのでこれから自分がどうすれば良いか、何が自分にとってベストか考えなければならない。

多くの人が自分が”いつWWEに行くのか”と聞く。しかし自分は今はWWEに興味は無い。今イングランドにいて幸せだし、これまで素晴らしい旅をさせてもらっている。これをずっと続けていきたいと思うし、もっと色々な事をしてみたい。そして行っておくと、自分はEVOLVEとは契約していない。しかしそれは自分次第とは言える。

自分では日本に来てから変わったとは思わないけど、周りから見たら凄い変わったんだろうね。日本に来て凄く激しい試合をするようになった。日本の文化は好きだし、非常にリスペクトしている。ファンも自分を凄いリスペクトしてくれている。これらのチャンスに恵まれた事を凄く嬉しく思うし、光栄に思っている。自分はまるで凄く広い海にいる小さい金魚のようだね。

CHAOSのメンバーには非常に世話をしてもらっている。自分の悪いところも教えて貰っているし、レスラーとしてどう振舞えば良いかも分かってきた。皆は気づいているかわからないが、最近はトップロープに上る回数がかなり減ってきた。それは意識的に抑えるようにしている。もちろんやりたい時にはやるんだけど、それは”ここぞ”という時のために抑えているんだ。そういうここぞという時を大切にする、おそらくそれが自分が日本でも学んだ最も大きい事だね。』

参考:ウィル・オスプレイがEVOLVEと米国独占契約を締結!?:エヌヒトのアメプロ万歳!

↓この記事が面白ければクリック
SPONSORED LINK


Powered by amaprop.net

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK


関連記事はこちら