*

NXT王座に初挑戦する中邑真輔へ王者サモア・ジョーがメッセージ『米国に日本のスタイルを持ち込んだのは俺だ』

   

現在コメント数: 4 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

NXT王座に初挑戦する中邑真輔へ王者サモア・ジョーがメッセージ『米国に日本のスタイルを持ち込んだのは俺だ』

nakamuranxtakever

前NXT王者のフィン・バロールを倒し、NXT王座への挑戦が濃厚となっている中邑真輔。

現NXT王者はサモア・ジョー。日本マットでも長く活躍したジョーが、インタビューで中邑について語った。

NOLA.comより

ジョー『俺はシンの事を彼がレスラーになった時から知っている。彼についてはその名声が全てを物語っているだろう。彼はこれまでどの団体でも栄冠を勝ち取ってきたし、ここNXTに来てからも間違いなく大きな熱を生んでいる。しかし彼は自分の事を”キング・オブ・ストロングスタイル”と言っている。プロレス界の歴史を見た時に、日本のプロレスのスタイルを米国に持ち込んだのは自分だ。彼に対して言えるのは・・、彼が”キング”なら俺は”エンペラー(皇帝)”だ。』

ジョーはキャリア初期に橋本真也の目に留まり、キング・ジョーというリングネームでZERO-ONEの常連外国人だった。ジョーは以前別のインタビューで橋本から多くの事を学んだと語っており、「橋本はこれ以上ないくらいおもいっきり蹴る」とそのハードヒットの凄さを説明し、「プロレスは目でするんだ」という事も橋本から学んだという。

アントニオ猪木からの”闘魂伝承”をずっとガウンに背負っていた橋本、そしてその橋本から多く学び取ったジョー。

それだけに「中邑がキング・オブ・ストロングスタイルなら、自分はエンペラー・オブ・ストロングスタイルだ。」という思いがある。

お互い辿るとストロングスタイルに行き着く二人。激闘になるのは間違い無い。早く二人の戦いが実現して欲しいと願う。

↓この記事が面白ければクリック
SPONSORED LINK


Powered by amaprop.net

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK


関連記事はこちら