*

あのブッカーTがレスラーとしての引退を発表

   

現在コメント数: 2 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

あのブッカーTがレスラーとしての引退を発表

bokkert

あのWWE殿堂入りでもあるブッカーT(51歳)が、自身のツイッターでレスラーとしての引退を発表した。

この7月30日をもって、正式に引退との事。

私にとってのブッカーTは、やはりWCW時代の実兄スティービー・レイとのタッグ”ハーレム・ヒート”だった。1990年代にWCWマットでスタイナーズ兄弟らとタッグ戦線を支えた。

その後WCWの凋落が進む中で、ロック様ばりの”ピープルズ・チャンピオン”としてWCW世界ヘビー級王者となる。

しかし直後にWCWは崩壊、そしてWCW王者としてWWEに乗り込んだ。

WCW時代からずっと見ていた私としては、「WWEではたぶんダメだろうなぁ」と思っていたが、そのキャラクターでグングン地位を上り詰めていき、世界ヘビー級王座も奪取しWWE殿堂入りまでなってしまった。

現在はWWEでコメンテーターを務めるブッカー。

レスラーは引退となって残念だが、まだまだマット界で活躍して頂きたい。

↓この記事が面白ければクリック
SPONSORED LINK


Powered by amaprop.net

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK


関連記事はこちら