*

飯伏幸太がWWEの契約にサインの噂を否定『サインをしてくれと言われてるが断っている』

   

現在コメント数: 17 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

飯伏幸太がWWEの契約にサインの噂を否定『サインをしてくれと言われてるが断っている』

ibushi

先日米国レスリングオブザーバーやPWtorch.comなど海外の複数のメディアが、飯伏幸太とマスカラ・ドラダがWWEとのフルタイムの契約に合意したと伝えていた。

現在飯伏はWWEクルーザー級クラシックに出場中で、見事三回戦まで勝ち進んでいる。

帰国後のインタビューでこの噂を完全否定した。

ダ・ヴィンチニュースより

(前略)

――現在、米国WWEのクルーザー級クラシック・トーナメントにも出場中です。感触はいかがですか?

「アメリカの観客は自分のことを既に知ってくれていて、入場からかなり沸きました。『ついに来た!』みたいな感じでしたね」

――今日、2回戦を終えて帰国されたばかりですが、「WWEと入団契約をした」という噂が流れています。

「さっき言われたんですけど、そんな話はなにもしていないですね。毎回行くたびに、『そろそろ決めていいんじゃないか?』と詰められますけど、いまはそういう考えはまったくないので断っています」

――合意のサインをしたという噂は?

「してないです(笑)。してくれとは言われましたけど、確かに」

(中略)

――今後の目標は?

「やり残していることがたくさんあるので、まずはそれを実現させたいです。新日本プロレスでは、IWGPヘビーはまだ獲っていないんですよ。ヘビー級には転向したんですけど、ベルトはまだ獲っていない。DDTだと、ここ最近、路上プロレスというのをあまり聞かなくなったんです。あれって、100人、200人規模でやっているんですけど、1万人、2万人とか、それくらいのレベルでやりたいです。そこから絶対、プロレスファンが増えると思うんですよ」

飯伏はWWE首脳陣から『そろそろ決めていいんじゃないか?』と毎回詰められているが、『サインしてくれ』という要望のは断っていると明言した。

現状飯伏はサインをしていないので、クルーザー級クラシック後は白紙というところだろう。

確かに先日インタビューに答えた中邑真輔らも飯伏の性格を考え「たぶんない」と言及していた事も含め、今のところ可能性は低いのかもしれない。

↓この記事が面白ければクリック
SPONSORED LINK


Powered by amaprop.net

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK


関連記事はこちら