*

ウィル・オスプレイがEVOLVEと米国独占契約を締結!?米国での権利はEVOLEへ

   

現在コメント数: 7 件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

ウィル・オスプレイがEVOLVEと米国独占契約を締結!?米国での権利はEVOLEへ

willospreay

ソース:http://www.pwtorch.com/site/2016/07/20/pwtorch-report-will-ospreay-signs-deal-wwnlive/

米国PWTorch.comやレスリングオブザーバーは、ウィル・オスプレイが米国EVOLVE(を運営するWWNLive)と米国独占契約を結んだと報じた。

オブザーバー紙によると、現在オスプレイは2018年まで新日本プロレスとの独占契約下にあるという。一方で米国での試合は新日本側は許容しており、その米国での試合のブッキングの独占権をEVOLVEが獲得した事になる。

先日イギリスのイベントでポール・ヘイマンがEVOLVEの代理として登場し、覚書のような書類をオスプレイに渡しオスプレイはそれを受け取っていた。

ヘイマンは『新日本プロレスでの君の活躍は素晴らしい。そんな君が新日本プロレスで試合が無い時・・・、そして米国で試合がしたい時、今世界で最もイノベイティブな団体であるこのEVOLVEが、君にオファーをしたい。』と書類をオスプレイに渡していた。

米国メディアはこれでオスプレイは、今後米国ROHに出場するのが難しくなるだろうと報じている。ROHは新日本と業務提携関係にある。

その他の米国インディー団体PWGなどには、今後EVOLVEを通してブッキングする事になるという。

そういうEVOLVEは今回のWWEクルーザー級クラシックの予選を開催し、ザック・セイバー・Jrの米国での就労ビザも支払っている。NXTのジェネラル・マネージャーのウィリアム・リーガルも度々EVOLVEの会場を訪れてる。そういった意味でWWEとの関連団体という見方もある。

現状これはポジティブなのかネガティブなのかも分からないが、今後同様のスキームでEVOLVEと契約する選手は増えてくるかもしれない。

少なくともこれはオスプレイにとってポジティブなディールという事が出来るだろう。

↓この記事が面白ければクリック
SPONSORED LINK


Powered by amaprop.net

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK


関連記事はこちら