*

新日本プロレスにインスパイア?WWEがブランド分割に加え月2回のPPVを計画

   

現在コメント数: 1件

新機能
コメント欄へ一気に移動する

SPONSORED LINK

新日本プロレスにインスパイア?WWEがブランド分割に加え月2回のPPVを計画

raw

これまで録画放送だったスマックダウンを、2時間の生放送に切り替える決定を発表したWWE。そしてかつてのように選手もそれぞれRAW・スマックダウンで分けるブランド分割の方針を打ち出している。

そんな中、米国プロレス業界紙レスリングオブザーバーによると、WWEのビンス・マクマホン会長は新日本プロレスのように月2回のPPVを行い、RAWとスマックダウンのそれぞれブランド別で行う計画があるという。

新日本プロレスも近年は月2回のビッグマッチが恒例になりつつある。

これまでのWWEはブランド毎のPPVは行っていたが、月2回というのは行われなかった。

団体側からすれば月2回PPVがあれば2度美味しいという論理ではあるが、最も重要なのはWWEがPPVから有料動画ストリーミング放送に収益構造をシフトしている事だろう

PPVだと月2回になれば2倍のお金が掛かる計算だが、WWEネットワークは月額定額なのでビッグマッチが多ければ多いほどユーザーは嬉しい。

よってこれ自体は現実感の無い話ではないが、そもそもブランド分割自体が一度失敗に終わって疑問視されている面もあるので、今後どうしていくのかWWEの動向に注目だ。

↓この記事が面白ければクリック
SPONSORED LINK


Powered by amaprop.net

エヌヒトSNSをフォローする

記事をシェアする

SPONSORED LINK


関連記事はこちら